映画「犯罪都市」男の男、頼れる兄貴ソクトに見た強さ

クライム
この記事は約4分で読めます。

また一つ好きな韓国映画に出会えました。

もともと韓国映画の魅せてくれる表情というのは、他の映画にはない色味であったり感情移入のポイントがあるように感じるので好きなカテゴリでもあります。

ロマンスであればとにかく韓国を推します。

有名どころですが「猟奇的な彼女」「私の頭の中の消しゴム」は本当素敵な作品です。

おすすめ度

作品情報

制作年 2017年

制作国 韓国

上映時間 121分

ジャンル ドラマ、クライム

 

監督

カン・ユンソン

 

キャスト

マ・ドンソク(マ・ソクト)

チョ・ジュユン(ファン社長)

ユン・ゲサン(チャン・チェン)

 

あらすじ

2004年の韓国ソウル。

マ・ソクト刑事はヤクザにも怯むことなく任務にあたり、町の均衡を保ってた。

しかし、中国からの新勢力がソフルへ流れ込み、ソフルを拠点とするヤクザも動き出す。

マ・ソクト刑事率いる協力班も検挙に向かって対策を立てるが…。

 

 

感想・考察

クライム・バイオレンスで高評価のわけ

クライム、韓国ということで前から気になっていた映画で、来月ソウルに行くことになったので、これを機にと思い鑑賞しました。

クライムとかバイオレンスがテーマの、この手の映画は、なかなか高い評価付きにくい印象ですが、此方は評価も高く楽しみにしていました。

その期待通りの良い映画でした。

韓国バイオレンス映画特有の過剰なグロさや血糊なんかも控えめな印象です。

この類の映画の中でも比較的見る人を選ばずに見やすい映画でもある所が高評価のポイントの1つでしょう。

そして程よくコメディタッチでソクトの兄貴感も共感や親しみやすさを生みます。

 

小太りなルックスにアクション、人情。ソクトの魅力

見所はやはり主演なので当然ですがソクト刑事でしょう。

それにしても存在感ありますし、演技も上手い、大柄にも関わらずアクションシーンもキレがある。いい役者さんです。

そして何と言っても彼の人柄が素敵です。彼の映画は今作が初めてですが、人情味溢れる彼の表情は観る人を惹きつけ引き込むパワーを感じます。

ビジュアル的にも、小太りな感じがなんとも言えない愛嬌を持たせつつも顔は怖い。そのギャップが良いんですね。

ソクトの張り手が強すぎて気絶したヤクザの命を心配するシーンなんかは、強さと優しさを兼ね備えた人望がある姿が垣間見れます。

 

煙草の位置付け

韓国映画の好きな演出が、煙草の煙に巻かれる人々の機微です。

一番好きなのは「親切なクムジャさん」のクムジャさんが暗い部屋で煙草を吸うシーンです。

映画において煙草を吸うシーンは多用されるので幾度となく見てきたわけですが、その中でも断トツに良いです。

煙草シーンが醸す、哀愁や機微、儚さ、美しさ、強さ、格好良さ、渋さなど、まあ色々あると思いますが兎にも角にも素晴らしいんです。

この映画ではスパスパ吸い過ぎてる印象もありますが、それも韓国映画でありバイオレンス映画であると思うので良しです。

 

秀逸なテンポ感

物語のテンポやスピード感も非常に心地良いです。

作品によっては、2時間を越えてくる映画だとどうしても長く感じてしまうのですが、この映画はそういう面でも秀逸です。

 

悪のファッション

ファッションもシーンごとに的確に変更されていて視覚的に楽しめます。

所謂韓国ファッションとは全く違う類ですが、ヤンキーファッションやスーツ、制服など韓国文化も垣間見ることができます。

 

小太りが際立たせるキレのあるアクション

そして、アクションとしても見応えがかなり満足のいくものでした。

脚本がどれだけ良くてもアクションにキレがないと、どうしてもダレてしまうクライム映画。

ソクトを始め其々が良く鍛え込まれているのでしょう。

終盤に掛けてソクトのアクションは派手さはないものの圧巻でした。

相手が刃物を持っていようが全て素手で対処する姿がまだ良いです。

こんな(失礼)小太りのおじさんがこんなに格好良く見えるなんて思いもしませんでした。

これまでの鬱憤とソクトの笑顔にカタルシスとシナジーを

そしてラストのソクトの笑顔で更に全てを昇華してくれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました