映画「スマホを落としただけなのに」スマホ社会の是非 成田凌のカメレオン

サスペンス
この記事は約3分で読めます。

スマホ社会と言われて久しい現代。

その危険性を認知しているか。

便利なスマホですが、その反面多くの危険が隣り合わせ。

そんな情報化社会、スマホ社会の是非について考えさせてくれる映画でした。

そして何と言っても成田凌さんのカメレオンでありグロテスクとも言えるような迫真の演技に注目です。

 

おすすめ度

作品情報

製作年 2018年

製作国 日本

上映時間 116分

ジャンル サスペンス

 

監督

中田秀夫

 

キャスト

北川景子(稲葉麻美)

田中圭(富田誠)

千葉雄大(加賀谷学)

成田凌(浦野義治)

原田泰造(毒島徹)

 

あらすじ

彼氏に電話をかけた麻美は、スマホから聞こる聞き覚えのない声に困惑してしまう。

偶然、スマホを拾ったという男からスマホが戻り安堵した麻美だったが、その日を境に彼女の近辺で不審な出来事が起き始める。

クレジットカードの請求。 SNS上で友達からの異常な連絡。山林で見つかった髪を切られた女性の遺体。

彼のスマホから麻美の個人情報が流出したのか…。スマホを拾ったののは誰なのか…。連続殺人の真相は…。

ただ、スマホを落としただけなのに…。

 

感想・考察

現代社会の危険性

情報化社会、スマホ社会、SNS社会と言われ久しい現在。

このような社会が人類にもたらした恩恵は計り知れません。

テクノロジーの台頭はめざましく、もはや衣食住に引けを取らないほどに我々の生活に置いて重要視されているのではないでしょうか。

しかし、そんな便利になった社会だからこその危険は、より私たちの生活に密接しています。

 

スマホで失う命・助かる命

今作で描かれている、スマホの保有という共通項によって殺人へと発展していく姿。

それと対比して現代社会で起こっているスマホがあったから救われた命。

スマホの是非というのは語るに困難極まりないでしょう。

しかし、ここまでの恩恵をもたらしてくれるスマホを我々が手放すのこそ困難極まりないでしょう。

 

成田凌のカメレオンとグロテスク

今作において恐怖体験であり、サスペンスチックの具現隊といえば真っ先にあげられるのが成田凌演じる浦野のサイコパスでしょう。

近年の「愛がなんだ」「翔んで埼玉」「ニワトリ★スター」「キセキ あの日のソビト」は記憶に新しいですが、どの作品においても、彼の演技は良い意味で共通点がありません。

ランキングサイトで発表された芸能界一のカメレオン俳優についてアンケート調査を実施では順に山田孝之さん、菅田将暉さん、松山ケンイチさん、阿部サダヲさんがノミネートされていますが、成田凌さんも負けず劣らずといった演技を見せてくれます。

そして今作がその決めてとなる作品でした。

中でも素晴らしい点は人の作品中にカメレオン具合が散見される点、そんな彼の演技に注目です。

と言わずとも注目せざるを得ないほどの、演技力に加えそれを引き立てる演出になっています。

そして、それは恐怖体験でありもはやグロテスクと称してもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました