囚人

ドラマ

映画「手紙」愛の反対は憎しみではなく、無関心とマザーテレサは言う

映画「手紙」の作品情報、あらすじ、感想、考察。マザーテレサは「愛の反対は憎しみではなく、無関心」というが、兄の歪んだ愛情は弟の将来への無関心が生んだ悲劇になった。しかし、それによって、弟は妻子を守るためのモラルのある愛情を覚える。
2019.11.17
アメリカ

映画「デンジャラス・プリズン 牢獄の処刑人」脱獄ってこんなに簡易的?

映画「デンジャラス・プリズン 牢獄の処刑人」作品情報、あらすじ、感想。何故こんなに評価が高いのだろうか。囚人や脱獄関係の物語は好きで、比較的沢山の作品を見ています。しかし自分には合いませんでした。
2019.11.17
アメリカ

映画「告発」正誤とは。善悪とは。悲劇のヒロインであることの遣る瀬無さ

映画「告発」作品情報、あらすじ、感想。何が正誤、善悪なのわからなくなります。ただ虐待を行った看守は悪で、虐待を受けた囚人は善という端的な構図では図れないと思います。むしろ、囚人を悲劇のヒロイン的な善だと露出するメディアこそ悪ではないかとさえ思います。
2019.11.17
クライム

映画「親切なクムジャさん」最高峰の演出の巧さに不気味さ

映画「親切なクムジャさん」作品情報、あらすじ、感想。700以上の映画を観てきたわけですが、1.2を争うレベルの演出の巧さを感じる映画です。ここまでテーマに合致した演出は中々ないと思っています。復讐の不気味さが異様なまでに伝わってきます。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「パピヨン」画面を超えて伝わる緊迫感?高評価とのギャップ。

映画「パピヨン」作品情報、あらすじ、感想。これが名作でいいのでしょうか。この映画を非難する訳ではありませんが、評価が高いだけに期待値も高かったのですが、内容とのギャップがありすぎてかなり残念でした。今作を高く評価している方を否定したい訳でも貶したい訳でも無いのですが、単純に好奇心が湧きます。何をもって名作としているのか。自分はこんなにがっかりした映画は初めてかもしれません。
2019.11.17