スペイン

アメリカ

映画「マシニスト」クリスチャン・ベールの役作りには感嘆 陰湿な雰囲気を醸す薄暗い世界観とカメラワークは絶品

映画「マシニスト」作品情報、あらすじ、感想。クリストファー・ノーラン監督作「メメント」やデビット・フィンチャー監督作「ファイトクラブ」に似ているという声も多数の今作。クリスチャン・ベールの役作りには感嘆するが、賛否理由はサスペンス的な”騙し”の効果とジャケットの引きの強さが起因しているだろう。あくまでサスペンス映画といえば”騙される”から面白いのだと思う。しかし、陰湿な雰囲気を醸す薄暗い世界観とカメラワークは絶品だ。
2019.11.17
タイトルとURLをコピーしました