アニメ

アニメ

映画「天空の城ラピュタ」”バルス祭り”は如何なものか 製作側の想いは…。

映画「天空の城ラピュタ」作品情報、あらすじ、感想。SNSでは恒例となっている「バルス祭り」だけれど、これは滅びの言葉であって乱用する言葉ではないはず。「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」は社会問題をダイレクトに明示しているけれど、それを娯楽的に映画化にしたのが今作だろう。
2019.11.17
アニメ

映画「ルパン三世 カリオストロの城」4DX上映決定 ジブリ飯や多数の名言を残した宮崎駿初監督作品であり不朽の名作 

映画「ルパン三世 カリオストロの城」の作品情報、あらすじ、感想、考察。4DX上映が決定した普及の名作であり宮崎駿初監督作品「ルパン三世 カリオストロの城」ミートボールスパゲティにチーズにソーセージ、ジブリ飯の原点はここにあるのかもしれない。「あなたの心です」をはじめとする数々の名言は何度見ても聞いても気持ちがいい。ルパンのルパンである所以というか、彼の格好よさを直に感じることができる作品。
2019.11.17
アニメ

映画「東京ゴッドファーザーズ」独特のリアリスティックとアニメの垣根を超えたカメラワーク

映画「東京ゴッドファーザーズ」の作品情報、あらすじ、感想、考察。今敏監督によるアニメの垣根を超えたカメラワーク圧巻の一言。今敏監督らしい独特のリアリスティックな演出が見事にマッチしている。ホームレスという社会的マイノリティーに焦点を当てた物語には強いメッセージを感じる。
2019.11.17
アニメ

映画「名探偵コナン天空の難破船」空が舞台なのだが格好良くない…。

映画「名探偵コナン天空の難破船」作品情報、あらすじ、感想。今作の舞台はタイトル通り飛行船なのだが、空への憧れのようなものが感じられない。なのでコナンやキッドの神格化的なものと描写に大きな乖離があるので、格好良さを感じることがなかった。
2019.11.17
アニメ

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」沢山の批判は原作を愛するが故に…

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」作品情報、あらすじ、感想。期待故に批判が生まれる。ドラゴンクエストVを愛するが故の批判だから仕方がない。山崎貴監督の映画は生きているようだ。ドラゴンクエストVという極めて巧妙なストーリーを原作にもつからこそ実現した映画化。
2019.11.17
アニメ

映画「思い出のマーニー」自分のことは好き?嫌い? 普通って何? そんな問いかけ

映画「思い出のマーニー」作品情報、あらすじ、感想。時代を読み解き、的確なメッセージをくれるジブリはやはり凄い。自分のことが好き?嫌い?普通って何?難しく抽象的な問いかけ。しかし、その中にこそ考えることが生まれる。それがジブリのメッセージなのかもしれない。
2019.11.17
アニメ

映画「名探偵コナン ゼロの執行人」毎度新しい題材・テクを取り入れて

映画「名探偵コナン ゼロの執行人」作品情報、あらすじ、感想。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「未来のミライ」自慰的で示威的に…

映画「未来のミライ」作品情報、あらすじ、感想。近年の細田監督シリーズ稀にみる低評価。その訳も、残念ながら腑に落ちてしまう。言うまでもなく、グラフィックは凄まじい。やはりメッセージ性が薄味で、自慰的で示威的。
2019.11.17
アニメ

映画「アラジン」娯楽にひた走る薄味な映画 盗人、嘘つきなアラジンを美化する必要があるのか

映画「アラジン」作品情報、あらすじ、感想。単に残念、アラジンが美化されるのが、腑に落ちない。盗人であり嘘つきです。グラフィック、音楽、コミカルなジーニーは勿論娯楽性があって良いかと思います。しかし、それだけかな…。娯楽にひた走っただけの薄味な映画でした。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「ライオン・キング」模倣される日本アニメと”王”の哲学

映画「ライオン・キング」作品情報、あらすじ、感想。先日公開された実写版「ライオン・キング」。これは日本のアニメの模倣であるという疑惑が…。しかしながら、だからこそ、日本のアニメや漫画の価値を再確認するきっかけにもなりました。そして、ムファサの王の哲学がしみる。
2019.11.17