クライム

アメリカ

映画「プレッピー・コネクション」ソーシャルな問題が浮き彫りになっている現代における今作のメッセージとは

映画「プレッピー・コネクション」作品情報、あらすじ、感想。実話をベースにした映画で、数ある社会派ドラマの中でも特に社会に忠実な作品に仕上がっている。ソーシャルな問題が浮き彫りになっている現代において、今作でスクールカーストを取り上げ、それが示唆させるものとはなんだったのか。
2020.02.29
アカデミー賞

映画「グッドフェローズ」ギャングというトゲのあるテーマを巨匠マーティン・スコセッシがまとめ上げる

映画「グッドフェローズ」の作品情報、あらすじ、感想。幼い頃から“グッドフェローズ”と呼ばれるマフィアの世界に憧れていたヘンリー。12歳の時からブルックリンの街を牛耳るポール・シセロのもとで使い走りを始めヘンリーは本物のマフィアとして、仲間たちと共に荒仕事に手を染める日々を送るようになる…。
2019.11.17
アメリカ

映画「スナッチ」実写版「アラジン」のガイ・リッチー監督作 彼の多面性を観る

映画「スナッチ」の作品情報、あらすじ、感想、考察。実写版「アラジン」のガイ・リッチー監督作。今作と比較すれば彼の多面性をもろに感じることになる。インディーズらしさの強い今作と「アラジン」では実際、全く作風が違うものの窃盗という共通項もある。そう言った点では親和性がある作品群なのかもしれない。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「ユージュアル・サスペクツ」サスペンス映画の金字塔 ケヴィン・スペイシーの演技に注目

映画「ユージュアル・サスペクツ」の作品情報、あらすじ、感想、考察。サスペンス映画の金字塔的作品であり、サスペンスの良さを最大限に発揮している。一度だけでは物足りないあとを引く作風には感嘆する。中でもケヴィン・スペイシーの演技は圧巻。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「タクシー・ドライバー」ベトナム戦争は政治が巻き起こしたアメリカ社会の罪か 

映画「タクシー・ドライバー」の作品情報、あらすじ、感想、考察。アメリカン・ニューシネマの代表作。ベトナム戦争帰還兵の心に負った傷が巻き起こす惨事が描かれる。惨事といってもそれは政治が巻き起こした社会全体の罪なのかも知れない。
2019.11.17
イギリス

映画「レジェンド 狂気の美学」1人2役で双子を演じたトム・ハーディの多面的な演技に注目

映画「レジェンド 狂気の美学」作品情報、あらすじ、感想。1人2役で双子を演じたトム・ハーディ。そんな彼の多面的な演技に注目すべき映画。ドッペルゲンガー的な相反する双子を1人で演じ、間を束ね人望もありビジネスの才もあるレジー、自己中心的な思考に加え暴力的でビジネスの才もないロンの比較がポイント。
2019.11.17
アクション

映画「トランスポーター」ジェイソン・ステイサム主演のThe娯楽映画

映画「トランスポーター」作品情報、あらすじ、感想。アクション俳優として名高いジェイソン・ステイサム主演。そして彼がスターに登りつめたのが今作がきっかけ。実際突っ込みどころ満載でもあったりするが、それが娯楽的で気兼ねなく鑑賞できる。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「レオン」彼が観客を惹きつけるのは勤勉で挑戦的だからでは無いだろうか。

映画「レオン」作品情報、あらすじ、感想。リュック・ベッソンの代名詞。秀逸で深刻なカメラワークで始まる物語。彼とアジアの親和性。彼が観客を惹きつけるのは挑戦的で何よりも勤勉だからでは無いか。
2019.11.17
アクション

映画「ホワイトハウス・ダウン」良質な娯楽映画 だって大統領がロケランをブッ放すのだもの

映画「ホワイトハウス・ダウン」作品情報、あらすじ、感想。「デイ・アフター・トゥモロー」「インディペンデンス・デイ」を手がけたローランドエメリッヒ監督の作品。政治的かつ社会的なテーマですが、笑いありアクションありの「THE 娯楽映画」の仕上がりです。だって、このテーマなのに大統領がロケランをぶっ放すんですから。でも、しっかりとオバマ元大統領の意思を継承するかのような、平和政策的な暖かみのあるメッセージも感じます。
2019.11.17
アクション

映画「アサシン」クライマックスで昇華

映画「アサシン」作品情報、あらすじ、感想。ヤク中の少女マギーは警察殺しのつみで死刑が宣告されます。そこで政府機関で働くボブに死刑を免れるために政府関係の組織で諜報員として動くか、死刑になるかの二択を迫られます。マギーの選んだのは前者でした。そして彼女は…。
2019.11.17
タイトルとURLをコピーしました