toppage

New article

映画「エデンの東」ジェームズ・ディーンの写す人間ドラマ
映画「WASABI」単純明快で強引なストーリーは役者を際立てるのに一役買っている
映画「ベニスに死す」LGBTをテーマに扱った金字塔 現代社会にも通じる先駆的で社会的に意義のある作品
映画「Laundry」窪塚洋介ではない窪塚洋介、されど窪塚洋介
映画「あの頃ペニー・レインと」ロックを機転に溺れていく若者が水々しく
映画「ノッティングヒルの恋人」世界的女優と冴えない男性の恋は正にロマンチック
映画「キングスマン」アクションで広く、重厚感のあるメッセージで深く
映画「勝手にしやがれ」画を楽しみ感じて楽しむヌーヴェルヴァーグなり
映画「海賊とよばれた男」山崎監督と岡田准一演じる主人公・鐡造の間に重なる仕事熱
映画「理由なき反抗」ジェームズ・ディーンの抱えていたのは理由なき反抗なのか。否。
映画「ポンヌフの恋人」完璧主義故に欠陥、そしてアイロニーを残し引き立てる
映画「香港製造」中国返還に揺らめく香港を舞台に情緒的な人間模様を描く
映画「スナッチ」実写版「アラジン」のガイ・リッチー監督作 彼の多面性を観る
映画「セブン」陰湿な世界を優しく包むデビッド・フィンチャーワールド
映画「胸騒ぎの恋人」グザヴィエ・ドランの映画は「世界観」か「陶酔感」か

Read more new articles

 

Popular articles

映画「トイ・ストーリー4」円団に思われたシリーズの最高傑作。物語に込められた意味。
映画「アラジン」娯楽にひた走る薄味な映画 盗人、嘘つきなアラジンを美化する必要があるのか
映画「ホワイトハウス・ダウン」良質な娯楽映画 だって大統領がロケランをブッ放すのだもの
映画「プレッピー・コネクション」ソーシャルな問題が浮き彫りになっている現代における今作のメッセージとは
映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」二度と見たくない程に怖い怖すぎる
映画「GO」窪塚洋介主演 在日に対する差別や偏見を描いた僕の”映画人生”における原点
映画「あの頃ペニー・レインと」ロックを機転に溺れていく若者が水々しく
映画「香港製造」中国返還に揺らめく香港を舞台に情緒的な人間模様を描く
映画「鉄コン筋クリート」街は変化か衰退か。心の隙間を埋めるネジ。
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」テーマ通り。大切な存在ほど近くに
映画「食べて、祈って、恋をして」哲学的メディア
映画「明日に向かって撃て!」主人公が逃走 アメリカンニューシネマの代表作
映画「ニュー・シネマ・パラダイス」映画史に残る名作 実はアイロニカルで、それがカタルシスを生む
映画「マトリックス」仮想現実としての虚構、仮想現実故のリアリテイ
映画「レオン」彼が観客を惹きつけるのは勤勉で挑戦的だからでは無いだろうか。

Read more popular articles

タイトルとURLをコピーしました