映画「ズートピア」監督・キャスト、あらすじ・感想 老若男女楽しめるグラフィックにストーリー

Zootopia

 

映画「ズートピア」 作品情報

製作年 2016年

製作国 アメリカ

上映時間 109分

ジャンル アニメ

受賞歴 アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、日本アカデミー賞

監督

バイロン・ハワード

リッチ・ムーア

キャスト

ジニファー・グッドウィン(ジュディ・ホップス)

ジェイソン・ベイトマン(ニック・ワイルド)

イドリス・エルバ(チーフ・ボゴイ)

ネイト・トレンス(クロウハウザー)

あらすじ

動物が人間のように暮らす世界ズートピアは、誰もが夢を叶えられるハイテク文明社会。警察官志望のウサギのジュディはひょんな事から狐でサギ師のニックを相棒に、事件に立ち向かう。

映画「ズートピア」 感想・考察

老若男女楽しめるグラフィックにストーリー

大ヒットながらもしっかり見たことがなかったので、鑑賞。現在社会に蔓延る問題点を描いてるけど、老若男女楽しめるグラフィックにストーリーで大ヒットに頷きました。体格的な優位性がなくてもアイデアと努力で、困難を乗り越えるジュディの姿には共感させられるところではありました。さすがディズニー、夢を夢で終わらせないというか素敵です。
弱肉強食の動物的世界観と人間の世界がみごにミックス。一番の印象といえば、ナマケモノの描写ですね。事件の真相に一刻も早く近付きたいジュディとは対極に、ナマケモノ特有のスローモーション、、。2016年上映なので、ハイテク社会なのにイヤホンが優先なところなんか、テクノロジーのスピード感を感じましたね