中国

カンヌ国際映画祭

映画「活きる」権力に翻弄される一家。だからこそ際立つ家族の絆

映画「活きる」の作品情報、あらすじ、感想。シリアスなテーマでありながら異常に淡々とした演出で語られてしまう、物語。その単調さが、抗えない運命と言うものを示唆させてくれます。権力に翻弄され過酷な生活を強いられる庶民。それでも心の支えとなり、守るべきものは時代が変わっても変わらない。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「上海ルージュ」ルージュな色彩とモノクロの不安の対比

映画「上海ルージュ」作品情報、あらすじ、感想。口紅や衣装、中国の街のルージュな色彩。それとは裏腹なモノクロの演出。ライティングやカメラワーク、1930年代のノスタルジックかつ少年の不安感を煽る裏社会の情景に引き込まれました。
2019.11.17