映画「インセプション」監督・キャスト、あらすじ・感想 想像と創造のノーランワールド

Inception

想像と創造の世界。ノーランの頭の中に入ってみたい。

映画「インセプション」 作品情報

製作年 2010年

製作国 アメリカ

上映時間 148分

ジャンル アクション、アドベンチャー、SF

受賞歴 アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、日本アカデミー賞

監督

クリストファー・ノーラン

キャスト

レオナルド・ディカプリオ(コブ)

渡辺謙(サイトー)

ジョセフ・ゴードン=レビット(アーサー)

マリオン・コティヤール(モル)

エレン・ペイジ(アリアドネ)

トム・ハーディ(イームス)

キリアン・マーフィ(ロバート)

トム・ベレンジャー(ブラウニング)

あらすじ

コブは睡眠中の人の潜在意識に侵入し、そこで他人のアイデアを盗み出す犯罪におけるプロフェッショナル。しかしコブはその能力のせいで、最愛の人を失い、国際指名手配犯になってしまう。

そんな折、彼に人生を取り戻すための最高難易度のミッション「インセプション」が与えられるが…。

映画「インセプション」 感想・考察

ノーランワールドに引き込まれる

またもや、頭がフル回転でエモーショナルにもロジカルにもノーランワールドに引き込まれた。やはり彼の世界は刺激的です。
時間軸の使い方的にはインターステラーと似通ってた部分がありました。
緊迫感のある侵入シーンに、それを高める高揚感のある音楽だったり、スローモーションや重力を効果的に使って鮮明に表現されたグラフィック、伏線に伏線を重ねる夢の中の夢の世界、どれを取っても想像を覆す、正に創造の世界。素晴らしかった。