映画「ゴッドファーザーPARTII」監督・キャスト、あらすじ・感想 「友人は近くに、敵はもっと近くに」

「友人は近くに、敵はもっと近くに」

ドンになりたての主人公が外部組織との抗争や交渉を交えながら物語が進んでいく。それに伴い家族との関係性にも変化が。

映画「ゴッドファーザーPARTII」 作品情報

製作年 1974年

製作国 アメリカ

上映時間 202分

ジャンル ドラマ、クライム

受賞歴 アカデミー賞、ゴールデングローブ賞

監督

フランシス・フォード・コッポラ

キャスト

アル・パチーノ(マイケル)

ロバート・デュバル(トム)

ダイアン・キートン(ケイ)

ロバート・デ・ニーロ(ヴィトー)

あらすじ

一つ目の物語の舞台は1958年から1959年。前作「ゴッドファーザー」に続くマイケル・コルレオーネの姿が描かれる。もう一方の物語は1901年から1941年。

マイケルの父ヴィトー・コルレオーネの在りし日の姿を描く。幼い頃にニューヨークに渡りコルレオーネ・ファミリーを築いていくヴィトーの物語が、現在のファミリーを守るために戦うマイケルの物語と交錯する。

映画「ゴッドファーザーPARTII」 感想・考察

ゴッドファーザーシリーズ第2作目

2だがゴットファーザーシリーズでは時系列的には最も最初の物語。
自分の教養というか勉強不足で当時のマフィア感というか時代背景や倫理観的なものが理解できないところもあった。
それでも音楽や演出、ストーリー性など当時高く評価されたというのはよく理解できる。
演出やファッションなんかも当時らしくて非常に好き。
名言が多いことで知られるシリーズだけど、それも頷ける。友人は近くに、敵はもっと近くに。成る程。
そして裏切られた仲間にも関わらず敢えての行為や大家との交渉など深みのある聡明なシーンが印象的。
見ればさらに深みが増しそうなので再鑑賞に期待を込めて。