映画「トランスポーター」ジェイソン・ステイサム主演のThe娯楽映画

アクション俳優として名高いジェイソン・ステイサム主演。

そして彼がスターに登りつめたのが今作がきっかけ。

実際突っ込みどころ満載でもあったりするが、それが娯楽的で気兼ねなく鑑賞できる。

 

おすすめ度5.0

作品情報

制作年 2002年

制作国 フランス

上映時間 93分

ジャンル アクション

 

監督

ルイ・レテリエ

 

キャスト

ジェイソン・ステイサム(フランク)

スー・チー(ライ)

フランソワ・ベルレアン(タルコニ警部)

 

 

あらすじ

スーツに身を包んだクールな男フランクは、運び屋のプロフェッショナル。

ルールは3つ。「契約厳守」「名前は聞かない」「依頼品は開けない」。

新たな依頼品は、黒いパッケージだったが、どうも様子がおかしい。

中身が気になりつい蓋を開けてしまうフランクだが、中に入っていたのは手足を縛られた東洋人女性。

そしてルールを破ったフランクには、次々と厄災が…。

 

感想・考察

アクション俳優として名高いジェイソン・ステイサム主演

今や、アクション俳優として名高いジェイソン・ステイサムは、今作をきっかけにスターに登りつめたよう。

その原点となっているのが今作であり、彼は主人公フランクを演じる。

 

車は漆黒のBMWにスーツ姿で乗り込み疾走、そして鍛え上げた肉体で敵と戦う姿は圧巻。

そして、彼は鉄の掟(「契約厳守」「名前は聞かない」「依頼品は開けない」)を自らに課すことで、プロであり続けていた。

 

しかし、今作ではそんなフランクがプロであり続けるための掟を破ってしまうことから始まる。

プロであり続けた所以は、ドライビングテクニックは当然だが、掟に忠実だったことに他ならない。

そして、それを破ってしまう彼が今作の面白いところでもある。

 

不倫する人もそんな気持ちか、知らんけど。

 

プロであっても、大前提人間である。

人間は好奇心からは逃れることができず、好奇心の生き物であるということを示唆させる。

厳格なフランクはプロであっても、好奇心に駆られてはプロであり続けられない。

プロといえど、欠点はあるということが学び。

そんなフランクの人間性が作品に暖かみを持たせる効果にもなっている。

 

突っ込みどころ満載故に娯楽映画

正直なところをいえば、突っ込みどころは満載な今作。

アクションは流石に無理がありそうな20対1くらいのシーンやロケランをぶっ放すしたり銃は豊富なのに、とにかく接近戦を好む敵。

セスナ機で追跡していた高速で走る車に降りるときには、パラシュートでピンポイントに。

油まみれで戦ったあとは洗ってもいないのに体が綺麗に(個人的には癖があって好きなシーン)

などなどと色々とあるけれど、それも含めて娯楽的で面白い。

 

深く考えてみる必要がないのも今作の良い点かもしれない。

 

脚本にはリュック・ベッソンで監督はルイ・レテリエ

そういえばリュック・ベッソンの色が垣間見れる気もする。

監督がルイ・レテリエに脚本がリュック・ベッソンといえば、「ダニー・ザ・ドッグ」と全く同じ作りである。

作風は全く異なるが、ぜひこちらを見て欲しい。

タイトルとURLをコピーしました