スティーヴン・チョボスキー

アカデミー賞

映画「ワンダー」社会派の中にも暖かさ。個の立つ点を紡いで線に、映画を通して面に。

映画「ワンダー」作品情報、あらすじ、感想。全世界で800万部以上を売り上げたR・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」をベースに映画化。J・D・サリンジャーの再来と呼び声高い監督の社会派の中にも暖かさ。個の立つキャストを点と点を紡いで線に、そして映画を通して面に。
2019.11.17
アメリカ

映画「ウォールフラワー」社会派の中にも複雑なリアリズム

映画「ウォールフラワー」作品情報、あらすじ、感想。まず、素晴らしい作品でした。スクールカーストをベースにそれぞれの鬱憤、葛藤が効果的に描かれます。そして小さな昇華を重ねては、また葛藤。結局のところカーストや鬱憤、閉塞感を解消できるのは自分でしかない。「そんなチャーリーに乾杯。」「僕は無限だ。」
2019.11.17
タイトルとURLをコピーしました