窪塚洋介

ドラマ

映画「Laundry」窪塚洋介ではない窪塚洋介、されど窪塚洋介

映画「Laundry」の作品情報、あらすじ、感想、考察。窪塚洋介ではない窪塚洋介、されど窪塚洋介。脳に障害を抱える青年の純粋無垢で愛らしい言動を的確に表現している。そして、彼にも増して内藤剛志のコミカルな演技がシリアスな物語のアクセントに。
ドラマ

映画「GO」窪塚洋介主演 在日に対する差別や偏見を描いた僕の”映画人生”における原点

映画「GO」作品情報、あらすじ、感想、考察。僕の”映画人生”のスタートになった作品が「GO」であり窪塚洋介さんだった。在日韓国人というバックグランドを抱えた主人公を窪塚さんが演じ、僕をブチ抜いた。彼の抱えていた偏見に差別という葛藤をダイレクトに感じ、そしてラストで昇華する。それを為したのは”痛み”を知り、それに素直に向き合うことができたからだと思う。
2019.11.17
タイトルとURLをコピーしました