ナタリー・バイ

カナダ

映画「たかが世界の終わり」卓越した音楽とサスペンスは疲労感を催すほど観客を引き込む

映画「たかが世界の終わり」の作品情報、あらすじ、感想、考察。グザヴィエ・ドランが見せてくれたセンセーショナルは何処へいったのか。卓越した音楽とサスペンスは疲労感を催すほど観客を引き込む。
2019.11.17
カナダ

映画「わたしはロランス」強烈な葛藤をテーマに効果的な表現で魅せる作風は後を引く 心地の良い映画体験

映画「わたしはロランス」作品情報、あらすじ、感想。天才の名を手にする映画監督はたくさん存在する。グザヴィエ・ドランは間違いなくその1人。LGBTをはじめとする強烈な葛藤をテーマに効果的な表現で魅せる作風は後を引く。カメラワークに感情を乗せ、音楽でも魅せる圧巻の世界観。正に、映画という”夢”を魅せられているような2時間半の心地の良い体験。
2019.11.17
タイトルとURLをコピーしました