映画「ファーゴ」単調と複雑の間で

コーエン兄弟の作品は初めて鑑賞しました。

この単調でも複雑でもない絶妙な感じが良いのだろうな。

もう少し単調なら飽きるし複雑なら難しいし。

作品情報

制作年 1996年

制作国 アメリカ

上映時間 98分

ジャンル サスペンス

 

監督

ジョエル・コーエン

 

キャスト

フランシス・マクドーマンド

スティーブ・ブシェーミ

ウィリアム・H・メイシー

ハーブ・プレスネル

 

 

あらすじ

軽い気持ちで始まった偽造誘拐。

妻を誘拐された夫と義理の父は躍起になり、警察には頼らない。

一方で子を身籠りながらも捜索にあたる女性刑事。

そしてクライマックスにみたものは…。

 

感想・考察

淡々と進むけれど観客を離すことは無い

淡々と進むのでクライマックスもそれほど衝撃的でもなかったように感じました。

しかし、その淡々としている中にもドラマやサスペンス、コメディ一種のブラックユーモア的な表現が多用されていて、さりげなく挿入されているその場面がコーエン兄弟の巧さなのでしょうか。

成る程。

しかしながら自分には合わないようなスタイルではありました。

ただ評価されてきるという事には異論はありませんがアカデミー賞授賞というのはどうなんだろう。

まだ、この良さがそこまでわかりません。