サラ・ポールソン

アメリカ

映画「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」反ユダヤや物書きとして抱える憤りや葛藤など心理的描写に息を飲む

映画「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」の作品情報、あらすじ、感想、考察。「ライ麦畑でつかまえて」は知っているけれど、原作者については知らないことも多い。今作はJ・D・サリンジャーの自叙伝的な作りになっている。反ユダヤや物書きとして抱える憤りや葛藤など心理的描写などドラマチックな物語に、ニコラス・ホルトとケヴィンスペイシーはベストマッチ。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」報道の自由か政府の陰謀か フェミニズム的なメッセージが残る

映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」作品情報、あらすじ、感想。度々映画に取り上げられるベトナム戦争だが、それだけアメリカにとって記憶に残る出来事というのは明白。報道の自由と政府の陰謀を対比させて進む物語には教養的な側面が強く、フェミニズム的なメッセージも感じることのできる作品。
2019.11.17
タイトルとURLをコピーしました