ディズニー

アドベンチャー

映画「アラジン」実写版 実写版故のそのリアリティが弊害に

映画「アラジン」作品情報、あらすじ、感想。ウィル・スミス演じるジーニーや映像美はやはり際立つ。しかし、実写版故にそのリアリティが弊害になってもしまった。総じて、またに5点満点中3点という中間点を付けたい。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「シンデレラ」実写 白人優位主義的な作風を塗り替える作風へ

映画「シンデレラ」作品情報、あらすじ、感想。白人優位主義的な作風を感じてしまうディズニーに重役で黒人俳優を投入。語り継がれる作品故の弊害なども。しかし、言うまでも無く圧巻の映像美で昇華。
2019.11.17
アニメ

映画「アラジン」娯楽にひた走る薄味な映画 盗人、嘘つきなアラジンを美化する必要があるのか

映画「アラジン」作品情報、あらすじ、感想。単に残念、アラジンが美化されるのが、腑に落ちない。盗人であり嘘つきです。グラフィック、音楽、コミカルなジーニーは勿論娯楽性があって良いかと思います。しかし、それだけかな…。娯楽にひた走っただけの薄味な映画でした。
2019.11.17
アメリカ

映画「美女と野獣」実写版  小さなコミュニティで聡明で優しくいること

映画「美女と野獣」作品情報、あらすじ、感想。ディズニーの名作を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化。圧巻の映像美に魅了され、寓話的な強いメッセージも感じる作品。ベラの聡明で優しい姿。演じるエマ・マトソンのフェミニストとしての活動が見事に嚙み合う。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「ライオン・キング」模倣される日本アニメと”王”の哲学

映画「ライオン・キング」作品情報、あらすじ、感想。先日公開された実写版「ライオン・キング」。これは日本のアニメの模倣であるという疑惑が…。しかしながら、だからこそ、日本のアニメや漫画の価値を再確認するきっかけにもなりました。そして、ムファサの王の哲学がしみる。
2019.11.17
アニメ

映画「トイ・ストーリー4」円団に思われたシリーズの最高傑作。物語に込められた意味。

映画「トイ・ストーリー4」の作品情報やあらすじ、感想をご紹介。トイ・ストーリー3で円環されたとされていたトイ・ストーリーシリーズですが、2019年7月12日に続編として新作が公開されました。シリーズの概念を覆す設定。制作側の”本気”。物語から得られる教訓。
2019.11.17
タイトルとURLをコピーしました