映画「エクスペンダブルズ」リアルアベンジャーズ 消耗品という自虐 

エクスペンタブルズとは消耗品を意味する。

そんな自虐が最高にクール。

シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リーがメインでブルース・ウィリスやアーノルド・シュワルツェネッガーまで出演というリアルアベンジャーズ。

それだけで一見の価値ありか。

 

おすすめ度5.0

作品情報

制作年 2010年

制作国 アメリカ

上映時間 103分

ジャンル アクション

 

監督

シルヴェスター・スタローン

 

キャスト

シルヴェスター・スタローン(バーニー・ロス)

ジェイソン・ステイサム(リー・クリスマス)

ジェット・リー(イン・ヤン)

ドルフ・ラングレン(ガンナー・ヤンセン)

 

あらすじ

自らをエクスペンダブルズと名乗るチームワーク抜群の精鋭部隊。

彼らはソマリアの凶悪な武装海賊を討伐し人質を救出。

その後、南米のビレーナという島国の軍事独裁政権を打倒するために現地へと赴く。

しかし、そこではかつてない危機が彼らを待ち受けていた…

 

感想・考察

エクスペンダブルズは消耗品

今作のタイトルであり、彼らのチームの名前はエクスペンタブルズ。

この意味は消耗品。

敢えて自虐的なネーミングにすることが最高にクール。

というのも、彼らが全員凄腕の精鋭部隊だから。

 

あまり詳しくはないけれど、精鋭部隊といえば、

アメリカのネイビーシールズ、イスラエルのサイェレット・マトカル、ロシアのアルファ、イギリスのSASあたりは有名。

正直、これらは端的に格好がいい。それと同時に誇り高く高貴な印象。

 

しかし、エクスペンタブルズは、それらににはないアウトローで自由信者的な印象。

そして、どこかストリートチックで破壊的。

破壊的にというのは、作中で顕著に映し出されている。

 

豪華すぎる俳優陣 まさに精鋭

シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リーがメインでいるけれど、彼らは単体でも十分なほどに存在感があって、主演で映画になる。

さらに、ブルース・ウィリスやアーノルド・シュワルツェネッガーまで。

これだけ、揃いもそろった映画は他にないのでは。

 

いや、アベンジャーズもそんなところかな。

すると、こちらはリアルアベンジャーズか。

 

中身は、良く言えば王道、そうでないならありきたり。

まあ、ないに等しいかもしれない。

でも主演級の俳優がこれだけ出ているのだから、それだけでも鑑賞の価値有りかと。

 

マルチなスタローン

今作の監督であり、主演はシルヴェスター・スタローン。

「ロッキー」に「ランボー」、そして先日鑑賞した「大脱出

何にせよ、筋肉が至高と崇めているようにも感じていた。

今作もメインはアクションで肉弾戦が多いので、彼=アクション・筋肉的な構図があったけれど、監督と知って見え方が少し変わった。

うーん。マルチなんですな。

アクションはなかなか書くのが難しい。

タイトルとURLをコピーしました