映画「アメリ」監督・キャスト、あらすじ・感想 多くは語るまい。語れまい。芸術だから。

多くは語らまい。というよりは芸術的な要素が多過ぎて語れない。

視覚的にとても楽しめるので、娯楽として素敵な作品でした。

作品情報

制作年 2001年

制作国 フランス

上映時間 121分

ジャンル ロマンス

監督

ジャン=ピエール・ジェネ

キャスト

オドレイ・トトゥ(アメリ)

マチュー・カソビッツ(ニノ)

ヨランド・モロー

ドミニク・ピノン

あらすじ

空想好きの少女アメリは医師である父の診察を受けると動悸が上がってしまい体を心配され彼女は友人も出来ずに幼少期を過ごす。

母親の他界もあり一人暮らしを始めたアメリはある宝箱を見つけ持ち主に返す。

そこで人を幸せにすることの快楽を覚えた彼女は次々に人助けを始めるが…。

感想・考察

フランス的娯楽

フランスで公開当時かなりのヒットだったようで、この手の作品を楽しめるのもやはりフランスならではなのかもしれません。

勿論異国でも楽しめるのですが、大衆にウケるのかと言えば疑問もあります。娯楽という大前提の元であれば大いに楽しい。

他にも何かメッセージが有るとすれば、それを直感的に感じるのは難解で奥深い物語でも有ります。

アメリの育った環境がこの様な人格を形成するのではれば、1つの恐怖体験でも有ります。

ジャケットの醸す異様さ

ジャケットが不気味で何処と無く敬遠していたものの楽しめたわけですが、その直感は間違いでも有りませんでした。

心地よく入っては来るものの何処かで異様です。

几帳面で神経質な母親と冷淡な父親によって、抑圧されたアメリの自己表現が空想の世界への逃避行だったのでしょう。

オープニングがアーティスティックな反面グロテクスにも感じるので、見る人を選ぶかも知れません。

幼心に憎悪の恐怖

幼心にも他人への憎悪を覚えることの恐怖です。

小学生にも満たない少女が悪ふざけではなく、相手を陥れる為の行動は奇妙です。

抑圧の鬱憤を解消するだけで、結果を考えていない行動が抑圧によって形成されるものであれば、一概には言えませんが医者や教師による所謂高等教育がもたらすものは決して良いものとは思えません。

映画的お洒落

カメラワークや演出は本当に見事です。

これぞフランス。お洒落の定義もまた難しい事ですが、主観的に例えるならこれがお洒落です。