グザヴィエ・ドラン

カナダ

映画「たかが世界の終わり」卓越した音楽とサスペンスは疲労感を催すほど観客を引き込む

映画「たかが世界の終わり」の作品情報、あらすじ、感想、考察。グザヴィエ・ドランが見せてくれたセンセーショナルは何処へいったのか。卓越した音楽とサスペンスは疲労感を催すほど観客を引き込む。
2019.11.17
カナダ

映画「胸騒ぎの恋人」グザヴィエ・ドランの映画は「世界観」か「陶酔感」か

映画「胸騒ぎの恋人」の作品情報、あらすじ、感想、考察。グザヴィエ・ドラン監督作品を全て見てみると、そこから感じるのは彼の世界観なのか、陶酔感なのか、という疑念を抱くようになった。抽象化することでアーティファクトを引き出す彼の作風はどの作品においても圧巻。
2019.11.17
カナダ

映画「わたしはロランス」強烈な葛藤をテーマに効果的な表現で魅せる作風は後を引く 心地の良い映画体験

映画「わたしはロランス」作品情報、あらすじ、感想。天才の名を手にする映画監督はたくさん存在する。グザヴィエ・ドランは間違いなくその1人。LGBTをはじめとする強烈な葛藤をテーマに効果的な表現で魅せる作風は後を引く。カメラワークに感情を乗せ、音楽でも魅せる圧巻の世界観。正に、映画という”夢”を魅せられているような2時間半の心地の良い体験。
2019.11.17
カナダ

映画「マイ・マザー」愛情過多と思春期の葛藤。絵画のような演出に乗せて

映画「マイ・マザー」作品情報、あらすじ、感想。其々のカットがアーティスティックで、絵画のようなアート作品を散りばめて繋げた芸術作品のような映画。セクシャルマイノリティをこんなに芸術的に表現した作品は初めて。しかし、良くも悪くも応えがなく作品によるメッセージが抽象的ではあったり。
2019.11.17
カナダ

映画「Mommy/マミー」これが世界で注目を浴びるグザヴィエドラン…。すご

映画「」
2019.11.17
カナダ

映画「トム・アット・ザ・ファーム」自己愛と利他主義 サイコアナリストとしての俯瞰

映画「トム・アット・ザ・ファーム」作品情報、あらすじ、感想。「マイ・マザー」「mommy」と、彼の撮った作品を先日見たわけですが、それらに描かれていた周囲への"愛"やそれによる葛藤とは全く異なる愛の姿が描かれていました。此方は愛でも自己肯定の自己愛。
2019.11.17
ゴールデングローブ賞

映画「ある少年の告白」LGBTである本来の自分・偽りの自分で生きるのか

映画「ある少年の告白」作品情報、あらすじ、感想。セクシャルマイノリティである本当の自分として生きるか、自分に嘘を付き虚構の自分として生きるのか。そんなズシリと重いメッセージとシリアスな描写。素直に生きることの大切さを感じました。自分を表現することへの葛藤や両親の柵などテーマは秀逸でしょう。
2019.11.17