ケヴィン・スペイシー

アカデミー賞

映画「アメリカン・ビューティー」白人優位社会を揶揄するアイロニカルな映画

映画「アメリカン・ビューティー」の作品情報、あらすじ、感想。見かけの美しさや白は高貴という白人優位社会を揶揄する。 タイトルはアメリカの美。 薔薇やルックスの美しさは確かにあるのだけれど、今作のメッセージはそうではなく、アメリカ社会へのアイロニカルな作風。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「セブン」陰湿な世界を優しく包むデビッド・フィンチャーワールド

映画「セブン」作品情報、あらすじ、感想、考察。衝撃的なラストは”サスペンス”を強く感じさせる。「七つの大罪」をテーマに怪奇な殺人鬼をシンクロさせるのだが、その陰湿な世界を優しく包むかのように演出する。これがデビッド・フィンチャーワールド。
2019.11.17
アカデミー賞

映画「ユージュアル・サスペクツ」サスペンス映画の金字塔 ケヴィン・スペイシーの演技に注目

映画「ユージュアル・サスペクツ」の作品情報、あらすじ、感想、考察。サスペンス映画の金字塔的作品であり、サスペンスの良さを最大限に発揮している。一度だけでは物足りないあとを引く作風には感嘆する。中でもケヴィン・スペイシーの演技は圧巻。
2019.11.17
アメリカ

映画「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」反ユダヤや物書きとして抱える憤りや葛藤など心理的描写に息を飲む

映画「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」の作品情報、あらすじ、感想、考察。「ライ麦畑でつかまえて」は知っているけれど、原作者については知らないことも多い。今作はJ・D・サリンジャーの自叙伝的な作りになっている。反ユダヤや物書きとして抱える憤りや葛藤など心理的描写などドラマチックな物語に、ニコラス・ホルトとケヴィンスペイシーはベストマッチ。
2019.11.17