映画「ダニー・ザ・ドッグ」監督・キャスト、あらすじ・感想 アクションの型を帯びた重厚なヒューマンドラマ

アクションとドラマのいいとこ取りをした、アクションの型を帯びた重厚感のあるヒューマンドラマ。

アクションにしてもカンフーの枠だけでは語れないジェット・リーの人間味がポイント。

その人間性が今作を作り上げている。ぜひ見て欲しい作品。

作品情報

制作年 2005年

制作国 フランス、アメリカ

上映時間 103分

ジャンル アクション、ドラマ

監督

リュック・ベッソン

キャスト

ジェット・リー(ダニー)

モーガン・フリーマン(サム)

ボブ・ホスキンス(バート)

ケリー・コンドン(ヴィクトリア)

あらすじ

首輪を付けられた孤独な殺人鬼ダニー。

彼は5歳の時に母親から引き離され、悪徳高利貸しのバートに金儲けの道具として地下で育てられてきた。

彼の心を唯一動かすものはピアノの旋律の記憶だった。

ある時、借金の取り立てのために行った骨董品倉庫で、彼は盲目のピアニスト、サムと出会う。

数日後、ダニーとバートの乗る車が交通事故に遭い、ダニーが無意識のうちに辿り着いたのはサムの所だった。

感想・考察

アクションの型を帯びた重厚感のあるヒューマンドラマ

アクションをそれほど見ない自分でもこれは特に心に残っている作品。

主演はジェット・リーだし、もろアクションでもおかしくない。

 

それを、ここまでドラマチックに映し出すのはやはり、リュック・ベッソンのパワー。

もちろん、アクションシーンも疎かにせず、アクションとヒューマンドラマのいいとこ取りな作風が格別。

トイレの格闘シーンは特に印象的で端的にすごい。

しかし、単にアクション映画とも語れないし、単にヒューマンドラマとも語れない。

それよって、この映画には他のアクション映画にはない重厚感がある。

 

冒頭の首輪に繋がれたダニーの姿は特に陰湿で、これから始まる・始まってしまうドラマの重たさを効果的に表現している。

そして、諸々があっての最後にダニーの姿はカタルシスという言葉でさえも語りきれないほどに、感動的。

カンフーの枠だけでは語れないジェット・リーの人間味

カンフーといえばジャッキー・チェンやブルース・リーは言わずと知れた名優。

ジャッキー・チェンは惚けていながらも、ここぞとばかりに炸裂する武術、そのギャップが惹きつける。

ブルース・リーはどちらかといえば、良い意味で単に格好いい。

ジェット・リーのそのどちらでもない、人間味で僕を惹きつける。

 

今作のテーマがドラマチックなアクションであれば、それにピタリとハマるのがジェット・リー。

年代的なこともあるから、一概にはいえないけれど、カンフーの名優でもダニーという役は務まらないはず。

彼の人間味が効果的に映し出されるから、この映画はいい。

だから、ヒューマンドラマ的なカタルシスがある。

幼い頃の可能性は無限

バートの繰り返す「幼い頃の可能性は無限大」

これは、非常に共感できる点。

人間の本質的な可能性は好奇心であって、成長ともにそれが削がれていく。

世間体で大人と言う大人というのは、この好奇心を削いで自分を押し殺している人のことでもあると思う。

それが大人というなら僕は大人になりたくない。

 

人の顔を伺って自分の意見をアウトプットしない、長い物には巻かれろ的な思想は全くもって反対派。

好奇心を抑制してそんな大人になるなんて死んでいると同然。

今作でいうところの、バートに飼われいるダニーはまさにそんな感じ。

考えることもアウトプットすることも出来なくなっていて。

 

しかし、それをサムとヴィクトリアが解放していく姿が、なんとも心地よい。

そして、それがラストのカタルシスにも繋がっている。

 

実際、バートのいう可能性はネガティブな意味であって、幼い頃に”飼い犬”として育てれば無限大の強さを手に入れることができると。

そして、そこに人間性を排除することで更なる高みへ。

そのネガティブの象徴がサムに出会うまでにダニー。

 

それが、ラストで昇華されポジティブな意味で無限の可能性を持ったダニーへと進化していくプロセスが今作の重厚なストーリー性を育んでいる。

めでたしめでたし。