2010年代

2010年代

映画「ドラゴン・タトゥーの女」監督・キャスト、あらすじ・感想 フェミニズム的抑圧と強き女たち

映画「ドラゴンタトゥーの女」作品情報、あらすじ、感想。内容的にはサスペンスということもあり予想とは裏切られるものの映画としての完成度においてフィンチャーは裏切りません。サスペンスという大前提がありながらも、ドラマでもミステリーでもあり、そしてリスベットの恋愛的行動がロマンスでもあり儚くも美しい。
2020.09.07
2010年代

映画「グランド・ブダペスト・ホテル」監督・キャスト、あらすじ・感想 鮮やかな色彩とは裏腹、製作の背景には戦争か

映画「グランド・ブダペスト・ホテル」作品情報、あらすじ、感想。ウェスアンダーソンらしい豊かな色彩感や独特の世界観を感じることができる作品。華やかなグラフィックですが、作品の背景には戦争に対する皮肉を込めている様にも。
2020.09.07
2010年代

映画「マイ・インターン」監督・キャスト、あらすじ・感想 結婚観や夫婦のあり方を改めて考えさせてくれました

映画「マイ・インターン」作品情報、あらすじ、感想。結婚観や夫婦の在り方を再定義してくれる様な素敵な物語でした。日本でも人気な作品という事が頷けます。夫妻の在り方や企業の内情を対比しながら進む物語から、学ぶ事は多くありました。
2020.09.07
2010年代

映画「ある少年の告白」監督・キャスト、あらすじ・感想 LGBTである本来の自分・偽りの自分で生きるのか

映画「ある少年の告白」作品情報、あらすじ、感想。セクシャルマイノリティである本当の自分として生きるか、自分に嘘を付き虚構の自分として生きるのか。そんなズシリと重いメッセージとシリアスな描写。素直に生きることの大切さを感じました。自分を表現することへの葛藤や両親の柵などテーマは秀逸でしょう。
2020.09.07
2010年代

映画「Mommy/マミー」監督・キャスト、あらすじ・感想 これが世界で注目を浴びるグザヴィエドラン…

映画「Mommy/マミー」作品情報、あらすじ、感想。映画に完璧も不完璧も無いけれど、こちらは極めて完成度の高い映画だと。此れが、此れこそがグザヴィエドラン。彼にとっての映画は、彼の心の闇も光もを写したものであり、社会への危惧を映しているのでしょう。設定は架空のものですが、リアリティもクオリティも確かなものがあります。
2020.09.07
2010年代

映画「軍中楽園」監督・キャスト、あらすじ・感想 慰安問題、本質的な優しさ。遣る瀬無さと自由な蛍

映画「軍中楽園」作品情報、あらすじ、感想。よーやく、観ました。ジャケット見て惹きこまれ、これは絶対見ようと。しかし、難解な作品でもありました。
2020.09.07
2010年代

映画「夢売るふたり」監督・キャスト、あらすじ・感想 これぞカタルシス。巧みな脚本に演出、西川ワールド

映画「夢売るふたり」作品情報、あらすじ、感想。此れは久々に邦画で"凄い""巧い"作品を見ました。ラストの演出は、これぞカタルシス。という感じでです。邦画の中ではかなりお気に入りの作品になりました。
2020.09.07
2010年代

映画「モンガに散る」監督・キャスト、あらすじ・感想 鳥のもも焼きを奪われて極道になった高校生の話

映画「モンガに散る」作品情報、あらすじ、感想。鳥のもも焼きを奪われて極道になった17歳の少年モスキートのお話です。モンガはシリアスで貧困の象徴的な場所でありますが、コメディタッチを交えて上手く描かれていると感じました。あくまで前半はです。後半にかけてだらける。しかし、クライマックスで全て昇華です。
2020.09.07
2010年代

映画「生きてるだけで、愛。」監督・キャスト、あらすじ・感想 クライマックスを見るための100分

映画「生きてるだけで、愛」作品情報、あらすじ、感想。まず冒頭でなんだか嫌な予感がしましたが、的中しました。キャストが豪華なのとレンタルしてきたので全部見ましたが、冒頭はサイコパス感が観るに堪えました。。菅田将暉の無駄遣い感が…。
2020.09.07
2010年代

映画「デンジャラス・プリズン 牢獄の処刑人」監督・キャスト、あらすじ・感想 脱獄ってこんなに簡易的?

映画「デンジャラス・プリズン 牢獄の処刑人」作品情報、あらすじ、感想。何故こんなに評価が高いのだろうか。囚人や脱獄関係の物語は好きで、比較的沢山の作品を見ています。しかし自分には合いませんでした。
2020.09.07